胃腸薬でいー調子

ランキングで人気!漢方薬配合の胃腸薬の副作用

胃腸薬には色々な種類がありますが、その中でもランキングでいつも上位に入る程、人気なのが漢方薬タイプです。
漢方薬タイプの胃腸薬は、生薬を中心に作られています。

西洋系の胃腸薬は、今起こっている胃の不快な症状を鎮める効果に長けている点が特徴です
例えば、胃酸が多く出過ぎて胃痛が起きている場合は、胃酸の分泌を抑えたり胃酸を中和し症状を改善します。

一方、漢方系の胃腸薬はというと、胃の調子を整えて根本的に、胃の不快感を解消するという特性を持っています。
胃本来の働きを取り戻し、胃の不快な症状を起こり難くしてくれるのです。
西洋の薬は、ある1つの症状の改善に特化しています。
漢方系は胃の働き自体を整える作用があるので、幅広い胃の症状改善に有効です。
また、漢方は人間が持つ自然治癒力を、高める効果で症状を解消します。
体への負担が少ない為、幅広い年代の方が服用できる点もメリットです。

暴飲暴食による胃痛だけでなく、ストレス性の胃痛も緩和してくれると言われています。

体への負担も少なく、胃の健康を取り戻してくれるという事もあり、ランキングで上位に入る程、多くの利用者がいるのでしょう。

ランキングで人気の漢方薬系胃腸薬ですが、本当に副作用などのリスクは無いのでしょうか?
基本、漢方は効果が緩やかですので、西洋の薬のように強い副作用は起こらないと言われています。
しかし、いくら体に優しい漢方だからといって、全くリスクが無いという訳ではありません。
漢方も薬の1つですので、副作用には注意しましょう。
漢方タイプの薬は、皮膚の赤みや湿疹、かゆみといった症状が現れるケースがあるようです。

このような症状が現れた場合、服用は中止して医療機関を受診する事をお勧めします。