胃腸薬でいー調子

肌荒れを軽減するセロトニン胃腸薬

肌は、体に取り込まれたり体で生成された老廃物や毒素を排出する生体器官の一つです。
お酒を飲み過ぎたり、暴飲暴食や夜更かし、便秘が続くと過剰に摂り過ぎた油糖や油分肌が排出しようとする為に、ニキビや毛穴が詰まるなど肌荒れが引き起こされます。
しかし、夜更かしや暴飲暴食、紫外線を浴びても肌荒れせずに綺麗な素肌を維持している女性がいます。素肌の綺麗な女性は、胃腸や内臓が非常に健康で排出器官で老廃物や毒素を排出出来る為に肌まで老廃物や毒素が回らない為に肌荒れが少ないのです。
セロトニン受容体は、中枢神経に存在する受容体であり、5-HT3受容体のみがイオンチャンネル共役型受容体である5-HT3と細胞膜を7回突き抜ける事から七回膜貫通型受容体とも呼ばれるGタンパク質結合受容体(GPCR)の2タイプ11種類が存在し、ヒトゲノムには350種類のGタンパク質受容体が含まれています。
モサプリドを主成分とする胃腸薬は、胃や十二指腸に存在するセロトニン5-HT4受容体に作用する事で副交感神経や運動神経の末端から放出され神経伝達物質であるアセチルコリンを酵素アセチルコリンエステラーゼの効果でコリンと酢酸への遊離を促進し、アセチルコリンの作用により消化管運動促進作用や胃排出促進作用を示す事で、 一般的に処方される胃腸薬であり、消化管運動促進薬や消化管運動賦活薬、胃腸機能調整薬、胃腸機能改善薬」などに分類される薬剤です。
このセロトニンに作用する胃腸薬は、従来の胃腸薬の様にホルモン異常や不整脈の副作用が極めて少なく、胃腸の痛み止めである抗コリン薬との見合わせると薬同士で効能を打ち消し合う程度で、大きな副作用を引き起こす禁忌薬は無いとされています。
シサプリド(アセナリン)に変わり広く処方されるようになっています。