胃腸薬でいー調子

胃が痛くなる原因や胃が痛い時の胃腸薬の効果

胃が痛くなる原因は、ストレスなど神経性によるものや、暴飲暴食など生活習慣に原因があるとされてきました。
食べ過ぎなど胃が痛いという症状が一過性の場合は、胃腸薬など市販薬で事足りることもありますが、近年ではヘリコバクターピロリ菌の存在が明確になり、胃炎や胃潰瘍にとどまらず、胃癌の原因にもなることもわかっています。
胃液の存在により、強力な細菌であっても胃の中では生存できないと考えられていましたが、1980年代にヘリコバクターピロリ菌が発見されました。ピロリ菌の人体内での生存メカニズムは、尿素を分解する酵素「ウレアーゼ」を産出することにあり、この酵素によって胃酸を中和、生存を可能にしています。
日本国内では、戦後に大きく環境が改善されたため、若い世代のピロリ菌の感染率は著しく低下しているものの、菌保有者により人体感染することもあり、特に高齢者ほど感染率が高いと言われています。
ピロリ菌は人間の体内においてウレアーゼを産出、胃酸の働きを弱め、胃の粘膜を破壊します。粘膜を失った下部組織は炎症を起こし、胃炎や胃潰瘍を発症、胃が痛い原因となります。特に胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、潰瘍症状のほとんどが、ピロリに起因することも判明しており、潰瘍は胃腸薬や他の薬による対処療法では治癒しないため、恒常的な治療には除菌が必須となります。
神経性胃炎は、ストレスが原因として引き起こされ、胃腸薬の成分によっては一定の効果が見込めます。胃には胃酸が存在しますが、胃の粘膜は胃粘液によって覆われているため、通常時は粘膜が傷つくことはありません。しかし、ストレスにより血流が滞るなど異常が発生すると、胃粘液の分泌量が減ったり、あるいは胃酸過多となり、バランスが崩れることで胃粘膜に損傷を起こし、胃が痛いという症状が出てきます。治療は胃腸薬などによって胃酸を抑えるか、薬によって胃粘液の分泌を正常に戻します。